アントニー・ホルボーン:人名辞典

アントニー・ホルボーンとは

アントニー・ホルボーン

スポンサーリンク

アンソニー・ホルボーン(イギリス英語ではアントニー・ホルボーン、Anthony Holborne, 1545年ごろ – 1602年11月29日)は、イングランド後期ルネサンス音楽の作曲家。
シターンやリュートのための独奏曲や、ヴァイオル・コンソートのための合奏曲など、こんにちでは器楽曲のみが注目されているが、生前は声楽曲や詩の創作に加えて、音楽理論書の執筆活動も手懸け、ジョン・ダウランドから「いとも気高いホルボーン」と呼ばれたように、エリザベス1世の宮廷音楽家では並び立つ者のない存在だった。
生涯 1562年にケンブリッジ大学に入学し、1565年よりインナーテンプル法学院に籍を置く。
1584年に結婚する。
1602年に「風邪」のために他界したとされている。
作曲家として同時代から最高の評価を受けており、ダウランドは『エア集 第2巻』(1600年)の第1曲《僕は見た、あの人が泣くのを》(I saw my lady weepe )をホルボーンに献呈している。

注目の人名

山井大介 / とよた真帆 / 藤田瞳子 / 宮地常磐 / ウンベルト1世 / ロタール・フォン・リヒトホーフェン / 倉田みな / トニー・ゼール / 山下毅雄 / 石川鷹彦 / ジョージア・オキーフ / 長谷川哲夫 / ハンス・ベーテ / 真板益夫 / ダリオ・フォ / 藤井健次郎 / 吉沢瞳 / 綿引勝彦 / 前田優香 / カロル2世 / 三好達治 / フランソワ・アラゴ / 串田アキラ / 山城新伍 / 森木俊介 / ヘレン・ヘイズ / リー・ペリー / 佐藤誠 / ジョー・コール / 八木沼純子 / 井口玲音 / 上鶴徹 / 稲垣美穂子 / グレグ・ノーマン / 桜井伸一 / 立川こしら / イアン・マクドナルド / 高木心平 / マービン・ベガ / 依田義賢 / 肝付兼太 / ウィレム5世 / サラ・クラーク / 又野知弥 / 美内すずえ / T.I. / モンタナ・ジョー / 小川友三 / ユリ・ゲラー / 中村玉緒 / CC・サバシア / 安田伸 / 加隈亜衣 / レンゾ・ピアノ / リチャード・ジェファーソン / フレディ・マーキュリー / 堀晃 / 山田潤 / ボブ・バーマー / ドミニク・アングル / カルロ・ドルチ / オットー・ヴェルス / 田中大二郎 / 今西祐行 / ギル・シャハム / ジュゼッペ・ガリバルディ / 前田多門 / ドン・デリーロ / エド・グラハム / ナイワ・ニムリ / 前田久吉 / エルンスト・アウグスト / 松川博爾 / エリック・サティ / 南条好輝 / キラー・カーン / ソウ・マウン / アブラハム・オルテリウス / 神谷さやか / リー・マーヴィン / 小原優花 / ピーター・ディンクレイジ / Emma / 神保美喜 / シモーヌ・ヴェイユ / 夢乃 / ヨン・レイフス / カール・ツンベルク / KICK☆ / 岩本裕  / キース・ムーン / ミヤコ / 近衛忠房 / アルフレッド・エドワード・ハウスマン / うえむらちか / ボニー・ブレア / ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス / カール・ルイス / 中島卓偉 / 越川真美  / モーリス・グリーン / 白川英樹 / 塚田真希 / ジョン・テンタ / ヘクター・エリゾンド / 大引啓次 / 村田雄介 / 加藤剛 / リー・エバンス / フェルディナント3世 / ジャービル・アル=アフマド・アッ=サバーハ / SUEMITSU  / ジェームズ4世 / リンダ・ブレア / カツラギエース / 池田真紀 / ポール・インス / 生野陽子 / 吉田圭 / ジョン・テイト / 生沢徹 / ロザ・モタ / グレテ・グリュンベルク / ハロルド・ホルト / ウテ・レンパー / ラミズ・アリア / ウラディミール・アルセーニエフ / 土門正夫 / ラリサ・ヨルダケ / 肘井竜蔵 / 春一番 / ルー・ハリソン / 伊原凛 / 十文字貴信 / カロラ・ヴァーサ / ウィリアム・ランキン / セリム・パルムグレン / モハンマド・ムーサビ / ルイ・ネール / 山倉和博 / カール・フリードリヒ・フォン・ヴァイツゼッカー / シャルル・ルルー / オーレル・スタイン / ジュール・リメ / 春名和昭 / 石巻ゆうすけ / ロブ・ハルフォード / ダナ・ボルマー / アルミン・モーラー / 寺門仁美 /