ガイウス・マリウス:人名辞典

ガイウス・マリウスとは

ガイウス・マリウス

スポンサーリンク

ガイウス・マリウス(ラテン語: Gaius Marius、紀元前157年 - 紀元前86年1月13日)は、共和政ローマ末期の軍人、政治家。
同名の祖父・父と区別してガイウス・マリウス・ガイウスフィリオ・ガイウスネーポ(Gaius Marius C. f. C. n.)、あるいは息子である小マリウスに対して大マリウス(Marius Major)とも呼ばれる。
平民出身の軍人としてキンブリ・テウトニ戦争で歴史的勝利を収め、合わせて大規模な軍制改革を行った。
軍制改革では市民兵制から職業軍人への切り替え、武器自弁から装備の一律支給、訓練内容や指揮系統の改革、果ては退職金制度や鷹章旗の制定まで多岐に亘る改革を成し遂げた。
この制度は帝政時代を含めて長らくローマの軍事制度として継承された。
政治的にはポプラレス(民衆派)の英雄として共和制末期に計7回の執政官就任を果たし、一時は独裁的な権限すら獲得していた。
彼の民衆派の指導者としての地位と活躍、及び革新的な軍制改革はローマを帝政へと導く遠因の1つとなる。
彼の妻であるユリア・カエサリアはガイウス・ユリウス・カエサルの叔母であり、マリウスは外伯父としてカエサルの政治基盤に多大な影響を残した。

注目の人名

 / 井上卓也 / イアン・ペイス / 前田多門 / ジョン・ペイン / フローレンス・アンリ / ルッツ・ロング / イアン・マクドナルド / 牧穂エミ / とよた真帆 / 西谷啓治 / 吉浦貴志 / 岸川登俊 / フレッド・ホイル / 山中貞則 / ホルヘ・デラロサ / アブデュルメジト1世 / フレジャ・ベハ / ソール・クリプキ / 鍵田忠三郎 / 冨家規政 / 今西祐行 / 夢乃 / ジーン・セバーグ / アルフレッド・エドワード・ハウスマン / シネイド・オコナー / 岩崎ひろみ / 前登志夫 / 深野琴美 / サルヴァトーレ・マランツァーノ / 島田晴香 / マリオ・プーゾ / 岩城完之 / 戸川一郎 / エルンスト・クルシェネク / 依田義賢 / 島薗順次郎 / 松崎ナオ / 原口統三 / 川端健嗣 / ジョー・クイン / 原ひろ子 / パルト小石 / ナスィールッディーン・トゥースィー / 高木心平 / 岸井ゆきの / 坂田栄男 / 川島なお美 / エルキ・ノール / 岩木山竜太 / マーク・ブレッシアーノ / 中川緑 / カルロ・ベルゴンツィ / 春名和昭 / 榮倉奈々 / レオン・ユリス / 植田紳爾 / 山井大介 / キム・カッファン / 閻涵 / 伴都美子  / 森木俊介 / グレッグ・ベア / フレデリック・ヴィンソン / 岩村吉博 / カイル・マクラクラン / カトリーヌ・ラコスト / 大和田美帆 / 柴山薫 / 土居まさる / ガルシア・ロルカ / 高畠真紀 / 庵原涼香 / 清水隆行 / マリオ・ボッタ / サミー・チェン / マーク・ブダスカ / 大西巨人 / 上田敏也 / 坂本保 / カリーナ・ジョンソン / フランク・ハリス / 立原啓裕 / 白川英樹 / 若乃花幹士 (初代) / 大抜亮祐 / 川端友紀 / アラン・ベイツ / ナタリー・コグリン / ハイジ・クラム / 山中雅博 / ジョン・ラカム / 安里積千代 / 吉沢瞳 / オー・ヘンリー / 市川團十郎 (9代目) / 岩崎寛弥 / 壺井勘也 / 内藤大助 / ロラン・バルト / 浦島はるか / 岩水嘉孝 / フェルディナント3世 / 岩沼俊介 / 何ン田研二 / 真板益夫 / モーリス・オアナ / カール・ベンツ / MAKO / ジェラルド・モーリス・エデルマン / 森徹 / ドク・ホリデイ / パティ・ペイジ / 島脇信也 / ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン / ホセロ・ディアス / ミヤコ蝶々 / 中西香菜 / ジョー・コール / 桂木文 / 森鴎外 / 柴田ヨクサル / イザベル・ユペール / クリステン・ニゴール / ナタナエル・マテオ / 森健次郎 / ユルゲン・クロップ / オーフラ・ハーノイ / ダニス・バエス / ラルフ・ペンザ / 林丹 / フレデリック・ディーリアス / アン・ルイス / ステルヴィオ・チプリアーニ / 吉村萬壱 / 吉村界人 / ラリサ・ヨルダケ / アンドラーシ・ジュラ (子) / カルロス・ゴメス / サム・ヌジョマ / 三遊亭金馬 (3代目) / 小島章利  / ジョン・テイラー / 浮谷東次郎 / 小原春香 / マイク・ロマノ / ロビン・ミルナー / I.N.A / 森島康仁 / ドン・デリーロ /