ジェイムズ・ジョイス:人名辞典

ジェイムズ・ジョイスとは

ジェイムズ・ジョイス

スポンサーリンク

ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce、1882年2月2日 – 1941年1月13日)は、20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家、詩人。
画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)などがある。
ジョイスは青年期以降の生涯の大半を国外で費やしているが、ジョイスのすべての小説の舞台やその主題の多くがアイルランドでの経験を基礎においている。
彼の作品世界はダブリンに根差しており、家庭生活や学生時代のできごとや友人(および敵)が反映されている。
そのため、英語圏のあらゆる偉大なモダニストのうちでも、ジョイスは最もコスモポリタン的であると同時に最もローカルな作家という特異な位置を占めることとなった。
生涯 ダブリン時代(1882年 - 1904年) ジェイムズ・ジョイスは1882年にダブリンの南のラスガーという富裕な地域で没落してゆく中流のカトリック家庭に、10人兄弟の長男として生まれた(他にも2人兄弟がいたが腸チフスで亡くなっている)。

注目の人名

前田久吉 / ルート・ファン・ニステルローイ / ダニエル・シュミット / ジョージア・オキーフ / ミゲル・カブレラ / ドクトル・チエコ / 大西巨人 / 小川輝晃 / 越川真美  / 芋洗坂係長 / 仲根紗央莉  / 若嶌權四郎 / 石毛佐和 / 山口多聞 / 鈴木皖武 / カール・オルフ / モーリス・アレ / ジーン・ハーロウ / ルイ8世 / ジ・エッジ / アレクサンドル・ヴァシレフスキー / デニス・ロー / ラリー・キング / ジョージ・パル / アントニー・ホルボーン / 小原優花 / 杉山邦博 / 肘井美佳 / 福永健司 / 葉月抹茶 / 財部鳥子 / 鄭珉台 / 笹本信二 / 石川俊介 / 荒波翔 / 綾瀬はるか / 芦川いづみ / 山本敬三郎 / 篠ひろ子 / 肘井竜蔵 / ガルシア・ロルカ / 藤井健次郎 / ラン・ラン / 石母田正 / 竹林明秀 / 城みちる / マット・マートン / 緒方由美 / 矢野徹 / 石川雄規 / 美波 / 水口昌彦 / 石川慎吾 / 稲本潤一 / 笠浩史 / TARU / ジュディ・デンチ / 荒垣秀雄 / マックス・ボルン / 藤田朋子 / イサーク・アルベニス / ウェス・クレイヴン / 神戸たろう / 岩水嘉孝 / 郷田ほづみ / 藤咲淳一 / 竹本英史 / 金子哲 / 篠田拓馬 / 萩原多賀彦 / アルフレード・クラウス / 林真里花 / 紀田順一郎 / 竹下慎太郎 / 近藤朔風 / マキシミリアノ・コルベ / 近衛忠房 / 財前光希 / 六角慎司 / 羽根川竜 / 羽生結弦 / 石川博崇 / 谷川万純 / 薗田憲一 / 刀根麻理子 / 竹浪秀行 / 辛坊治郎 / 脇田義信 / 賀集利樹 / 城島健司 / レオン・ユリス / 竹野内豊 / 石川歩 / 笑福亭小松 / 美奈斗 / 福岡晶 / 水田章雄 / 大森健作 / 酒井瞳 / 石川正史 / 薄田泣菫 / シナリ・ラトゥ / アントン・ヘーシンク / 福島菊次郎 / 臼井甕男 / 石原恒和 / アントニオ・サラザール / ヤクプ・シモン・ヤン・リバ / 賀陽宮邦憲王 / 舛方勝宏 / こだま兼嗣 / フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン / 舞花 / 金井豊 / 深沢邦之 / フィル・レッシュ / ヨハン3世 / 能勢一幸 / 石塚運昇 / 雲野右子 / 肝付兼太 / 肥後克広 / 石塚啓次 / 西園寺瞳 / 荻須高徳 / 福澤朗 / 福浦健次 / 耶律楚材 / 竹内悌三 / 貫地谷しほり / 能見篤史 / 斎藤環 / 蔡英文 / 荻野目慶子 / 竹内美優 / 石川光久 / 笑福亭鶴笑 / 竹村泰子 / 鈴木清順 / 貴ノ岩義司 / 阪脩 / 飛鳥部勝則 / 野間美由紀 / 郷田勇三 / 西口杏里沙 / 羽野晶紀 / 羽田千尋 / 石本秀一 / 藤田嗣治 / 石黒賢 /