ジェイムズ・ジョイス:人名辞典

ジェイムズ・ジョイスとは

ジェイムズ・ジョイス

スポンサーリンク

ジェイムズ・オーガスティン・アロイジアス・ジョイス(James Augustine Aloysius Joyce、1882年2月2日 – 1941年1月13日)は、20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家、詩人。
画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)などがある。
ジョイスは青年期以降の生涯の大半を国外で費やしているが、ジョイスのすべての小説の舞台やその主題の多くがアイルランドでの経験を基礎においている。
彼の作品世界はダブリンに根差しており、家庭生活や学生時代のできごとや友人(および敵)が反映されている。
そのため、英語圏のあらゆる偉大なモダニストのうちでも、ジョイスは最もコスモポリタン的であると同時に最もローカルな作家という特異な位置を占めることとなった。
生涯 ダブリン時代(1882年 - 1904年) ジェイムズ・ジョイスは1882年にダブリンの南のラスガーという富裕な地域で没落してゆく中流のカトリック家庭に、10人兄弟の長男として生まれた(他にも2人兄弟がいたが腸チフスで亡くなっている)。

注目の人名

 / 井上卓也 / イアン・ペイス / 前田多門 / ジョン・ペイン / アブデュルメジト1世 / 山中貞則 / とよた真帆 / マーク・ブレッシアーノ / ルッツ・ロング / イアン・マクドナルド / フローレンス・アンリ / 吉浦貴志 / 牧穂エミ / フレッド・ホイル / ソール・クリプキ / 西谷啓治 / ホルヘ・デラロサ / 今西祐行 / 閻涵 / アンドラーシ・ジュラ (子) / 岩沼俊介 / 戸川一郎 / レオン・ユリス / 岸川登俊 / アルフレッド・エドワード・ハウスマン / シネイド・オコナー / パルト小石 / 大西巨人 / 岩崎ひろみ / 前登志夫 / カイル・マクラクラン / 鍵田忠三郎 / 岸井ゆきの / 依田義賢 / キム・カッファン / 冨家規政 / ナスィールッディーン・トゥースィー / ハイジ・クラム / 高木心平 / 山井大介 / 柴山薫 / 夢乃 / ジーン・セバーグ / フレジャ・ベハ / 深野琴美 / 浦島はるか / 川島なお美 / フレデリック・ヴィンソン / マリオ・プーゾ / 宇都宮雅代 / 春名和昭 / パティ・ペイジ / 島田晴香 / 原ひろ子 / 岩木山竜太 / 島薗順次郎 / ジョー・クイン / 中川緑 / アラン・ベイツ / グレッグ・ベア / エルキ・ノール / ミヤコ蝶々 / 大抜亮祐 / 浮谷東次郎 / 植田紳爾 / 壺井勘也 / 岩城完之 / 伴都美子  / 坂田栄男 / 大和田美帆 / 岩村吉博 / ロラン・バルト / 川端健嗣 / エルンスト・クルシェネク / カルロ・ベルゴンツィ / 松崎ナオ / 榮倉奈々 / 原口統三 / サルヴァトーレ・マランツァーノ / 森木俊介 / フレデリック・ディーリアス / 市川團十郎 (9代目) / ばらスィー / オー・ヘンリー / 吉村界人 / カトリーヌ・ラコスト / ジョン・ラカム / スタン・リー / 上田敏也 / フェルディナント3世 / ジョー・コール / ドク・ホリデイ / 森健次郎 / 高畠真紀 / 清水隆行 / フランク・ハリス / 庵原涼香 / 春日王克昌 / 何ン田研二 / ロビン・ミルナー / マリオ・ボッタ / 安里積千代 / カリーナ・ジョンソン / 白川英樹 / 山中雅博 / 土居まさる / マーク・ブダスカ / ロタール・フォン・リヒトホーフェン / MAKO / 立原啓裕 / 若乃花幹士 (初代) / サミー・チェン / 長妻樹里 / ソランジュ  / ダニス・バエス / 吉沢瞳 / ナタリー・コグリン / ガルシア・ロルカ / 坂本保 / I.N.A / モーリス・オアナ / 内藤大助 / アンドレス・グアルダード / 林丹 / 森島康仁 / 真板益夫 / ユルゲン・クロップ / 川端友紀 / 岩水嘉孝 / 岩崎寛弥 / カール・ベンツ / エガス・モニス / ジュディ・デンチ / テオドール・シュトルム / 増谷康紀 / ウィリアム・クラーク / ウィラード・ヴァン・オーマン・クワイン / サム・フリーマン / ダレン・シャン / 猿橋勝子 / 小原春香 / カール・フォン・フリッシュ / ステルヴィオ・チプリアーニ / RUKA / サム・ヌジョマ / マイク・ロマノ / コーデル・ハル / シャルル・ルルー / 三遊亭金馬 (3代目) /