祇園精舎-四字熟語-壁紙/画像



祇園精舎 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】ぎおんしょうじゃ

【意味】釈迦が説法した寺の名前。祇樹給孤独園を略して祇園。


祇園精舎(ぎおんしょうじゃ Jetavana-vihāra、正式名:祇樹給孤独園精舎、ぎじゅぎっこどくおんしょうじゃ、梵語: jetavane ’nāthapiṇḍadasya-ārāme)は、中インドのコーサラ国首都シュラーヴァスティー(舎衛城)、現ウッタル・プラデーシュ州シュラーヴァスティー県にあった寺院である。
釈迦が説法を行った場所であり、天竺五精舎(釈迦在世にあった5つの寺院)の1つである。
名の由来 梵語名は、「ジェータ太子の森(林)」 (祇陀林, Jetavana) と「身寄りのない者に施しをする」 Anāthapiṇḍada) を連記した名であり、以下の由来による。


PR
PR

祇園精舎-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード


祇園精舎-その他の四字熟語-壁紙/画像ダウンロード

祇園精舎02 四字熟語-壁紙/画像 祇園精舎03 四字熟語-壁紙/画像 祇園精舎04 四字熟語-壁紙/画像 祇園精舎05 四字熟語-壁紙/画像

人気四字熟語-壁紙/画像