諸行無常-四字熟語-壁紙/画像



諸行無常 四字熟語-壁紙/画像200px

【読み】しょぎょうむじょう

【意味】仏教の根本思想で、三法印の一。万物は常に変化して少しの間もとどまらないということ。また、雪山偈「諸行無常、是生滅法、生滅滅已、寂滅為楽」の初句。


諸行無常(しょぎょうむじょう、パーリ語: सब्बे संखारा अनिच्चा, sabbe saṅkhārā aniccā)とは、仏教用語で、この世の現実存在はすべて、すがたも本質も常に流動変化するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。
「諸行」は、この世の一切の事物と現象を指し(有為法)「無常」とは、一切は常に変化し、不変のものはないという意味。
宋代の仏教書『景徳伝灯録』によれば、釈迦牟尼仏が入滅に際し、沙羅双樹の木の下で説いた言葉と伝えられる。


PR
PR

諸行無常-四字熟語-壁紙/画像ダウンロード


諸行無常-その他の四字熟語-壁紙/画像ダウンロード

諸行無常02 四字熟語-壁紙/画像 諸行無常03 四字熟語-壁紙/画像 諸行無常04 四字熟語-壁紙/画像 諸行無常05 四字熟語-壁紙/画像

人気四字熟語-壁紙/画像