「う」からはじまる故事・ことわざ50/141件


「う」からはじまる故事・ことわざを141件掲載しています。

故事・ことわざ 読み方
有為転変は世の習いういてんぺんはよのならい
憂いは互いの世にういはたがいのよに
憂いも辛いも喰うの上ういもつらいもくうのうえ
植木屋の庭できが多いうえきやのにわできがおおい
飢えたる犬は棒を恐れずうえたるいぬはぼうをおそれず
上直なれば下安しうえちょくなればしたやすし
飢えては食を選ばずうえてはしょくをえらばず
飢に臨みて苗を植ううえにのぞみてなえをうう
上見ぬ鷲うえみぬわし
上を下へかえすうえをしたへかえす
魚心あれば水心うおごころあればみずごころ
魚のかかるは甘餌によるうおのかかるはかんじによる
魚の木に登る如しうおのきにのぼるごとし
魚の釜中に遊ぶが若しうおのふちゅうにあそぶがごとし
魚の目に水見えず人の目に空見えずうおのめにみずみえずひとのめにそらみえず
魚は江湖に相忘るうおはこうこにあいわする
魚を争う者は濡るうおをあらそうものはぬる
魚を得て筌を忘るうおをえてせんをわする
うかうか三十きょろきょろ四十うかうかさんじゅうきょろきょろしじゅう
浮き沈み七度うきしずみななたび
浮世の苦楽は壁一重うきよのくらくはかべひとえ
浮世の潮の満干うきよのしおのさしひき
浮世は廻り持ちうきよはまわりもち
鶯鳴かせたこともあるうぐいすなかせたこともある
有卦に入るうけにいる
宇公の門閭を高大にすうこうのもんりょをこうだいにす
烏合の衆うごうのしゅう
雨後の筍うごのたけのこ
兎の罠に狐がかかるうさぎのわなにきつねがかかる
兎も七日なぶれば噛み付くうさぎもなぬかなぶればかみつく
兎を見て犬を放つうさぎをみていぬをはなつ
牛売って牛にならずうしうってうしにならず
牛と呼び馬と呼ぶうしとよびうまとよぶ
牛に馬を乗り換えるうしにうまをのりかえる
牛に対して琴を弾ずうしにたいしてことをだんず
牛に引かれて善光寺詣りうしにひかれてぜんこうじまいり
牛の歩みうしのあゆみ
牛の一散うしのいっさん
牛の小便と親の意見うしのしょうべんとおやのいけん
牛の角を蜂がさすうしのつのをはちがさす
牛は牛づれ馬は馬づれうしはうしづれうまはうまづれ
牛も千里馬も千里うしもせんりうまもせんり
烏集の交わりうしゅうのまじわり
後に目無しうしろにめなし
後ろ指を指されるうしろゆびをさされる
牛を馬に乗り換えるうしをうまにのりかえる
牛を食らうの気うしをくらうのき
氏無くして玉の輿うじなくしてたまのこし
氏より育ちうじよりそだち
臼から杵うすからきね


人気故事・ことわざ辞典