「け」からはじまる故事・ことわざ50/94件


「け」からはじまる故事・ことわざを94件掲載しています。

故事・ことわざ 読み方
形影相弔うけいえいあいとむらう
敬遠けいえん
螢火を以て須弥を焼くけいかをもってしゅみをやく
桂冠けいかん
傾蓋旧の如しけいがいきゅうのごとし
謦咳に接すけいがいにせっす
芸が身を助くるほどの不仕合わせ( げいがみをたすくるほどのふしあわせ道楽をして落ちぶれてしまい、道楽していたころ習い覚えた芸を売り物にして生活している不孝な境遇をいう。「芸は身を助く」の皮肉の面をうたった句。
鶏群の一鶴けいぐんのいっかく
経験は馬鹿をも賢くするけいけんはばかをもかしこくする
鶏口となる牛後となる勿れけいこうとなるぎゅうごとなるなかれ
傾国けいこく
けい蛄春秋を知らずけいこしゅんじゅうをしらず
荊妻けいさい
経師は遇い易く人師は遇い難しけいしはあいやすくじんしはあいがたし
閨秀けいしゅう
芸術は長く人生は短しげいじゅつはながくじんせいはみじかし
傾城に誠なしけいせいにまことなし
蛍雪けいせつ
兄たり難く弟たり難しけいたりがたくていたりがたし
経諾は必ず信寡しけいだくはかならずしんすくなし
逕庭けいてい
兄弟牆に鬩げども外その侮りを禦ぐけいていかきにせめげどもそとそのあなどりをふせぐ
兄弟は手足たりけいていはてあしたり
刑は刑無きを期すけいはけいなきをきす
啓発けいはつ
芸は道によって賢しげいはみちによってかしこし
芸は身につくげいはみにつく
芸は身の仇げいはみのあだ
芸は身を助けるげいはみをたすける
桂馬の高上がりけいまのたかあがり
鶏鳴狗盗けいめいくとう
鶏肋けいろく
怪我の功名けがのこうみょう
逆旅げきりょ
逆鱗に触れるげきりんにふれる
下戸と化物はないげことばけものはない
下戸の建てた蔵もないげこのたてたくらもない
下戸は上戸の被官げこはじょうこのひかん
袈裟で尻拭くけさでしりふく
下種と鷹とに餌を飼えげすとたかとにえさをかえ
下種ない上﨟はならずげすないじょうろうはならず
下種の後思案げすのあとじあん
下種の一寸のろまの三寸馬鹿の明けっ放しげすのいっすんのろまのさんずんばかのあけっぱなし
下衆のかんぐりげすのかんぐり
下種の逆恨みげすのさかうらみ
下種の謗り食いげすのそしりぐい
下種は槌で使えげすはつちでつかえ
下駄と焼き味噌げたとやきみそ
下駄も阿弥陀も同じ木のきれげたもあみだもおなじきのきれ
闕所の門へ馬つなぐけつしょのもんへうまつなぐ


人気故事・ことわざ辞典