「こ」からはじまる故事・ことわざ50/177件


「こ」からはじまる故事・ことわざを177件掲載しています。

故事・ことわざ 読み方
恋に上下の隔て無しこいにじょうげのへだてなし
鯉の滝登りこいのたきのぼり
恋の山には孔子の倒れこいのやまにはくじのたおれ
恋の闇こいのやみ
恋は曲者こいはくせもの
恋は思案の外こいはしあんのほか
恋は盲目こいはもうもく
御意見五両堪忍十両ごいけんごりょうかんにんじゅうりょう
紅一点こういってん
光陰矢の如しこういんやのごとし
行雲流水こううんりゅうすい
後悔は平日の油断こうかいいはへいじつのゆだん
後悔先に立たずこうかいさきにたたず
口角泡を飛ばすこうかくあわをとばす
高閣に束ぬこうかくにつかぬ
浩瀚こうかん
好機逸すべからずこうきいっすべからず
肯綮に当たるこうけいにあたる
巧言令色鮮し仁こうげんれいしょくすくなしじん
黄口こうこう
孝行のしたい時分に親はなしこうこうしたいじぶんにおやはなし
後昆こうこん
巧詐は拙誠に如かずこうさはせっせいにしかず
恒産なき者は恒心なしこうさんなきものはこうしんなし
嚆矢こうし
行尸走肉こうしそうにく
孝子日を愛むこうしひをおしむ
孔子も時に会わずこうしもときにあわず
香餌の下必ず死魚ありこうじのもとかならずしぎょあり
好事魔多しこうじまおおし
好事も無きに如かずこうじもなきにしかず
好事門を出でずこうじもんをいでず
後塵を拝すこうじんをはいす
後生畏るべしこうせいおそるべし
孔席暖まらず墨突黔まずこうせきあたたまらずぼくとつくろまず
黄泉の客こうせんのかく
浩然の気こうぜんのき
巧遅は拙速に如かずこうちはせっそくにしかず
荒唐無稽こうとうむけい
狡兎死して走狗烹らるこうとししてそうくにらる
功成り名遂げて身退くは天の道なりこうなりなとげてみしりぞくはてんのみちなり
黄白こうはく
考は百行の本こうはひゃっこうのもと
光風霽月こうふうせいげつ
好物に祟なしこうぶつにたたりなし
弘法筆を選ばずこうぼうふでをえらばす
弘法も筆の誤りこうぼうもふでのあやまり
槁木死灰こうぼくしかい
子馬の朝勇みこうまのあさいさみ
高慢は出世の行き止まりこうまんはしゅっせのゆきどまり


人気故事・ことわざ辞典



エムズライファー