「た」からはじまる故事・ことわざ50/152件


「た」からはじまる故事・ことわざを152件掲載しています。

故事・ことわざ 読み方
田歩くも畦歩くも同じたあるくもあぜあるくもおなじ
太陰は市に隠るたいいんはいちにかくる
大恩は報ぜずたいおんはほうぜず
大海は芥を選ばずたいかいはあくたをえらばず
大海を手で塞ぐたいかいをてでふさぐ
大喝一声たいかついっせい
大廈の材は一丘の木にあらず( たいかのざいはいっきゅうのきにあらず
大廈の顛れんとするや一木の支うるところに非ず( たいかのたおれんとするやいちぼくのささうるところにあらず
大姦は忠に似たりたいかんはちゅうににたり
大器晩成たいきばんせい
大義親を滅すたいぎしんをめっす
大疑は大悟の基たいぎはたいごのもとい
大義名分たいぎめいぶん
大魚は小池に棲まずたいぎょはしょうちにすまず
大吉は凶に還るだいきちはきょうにかえる
大工の掘っ立てだいくのほったて
大賢は愚なるが如したいけんはぐなるがごとし
大行は細謹を顧みずたいこうはさいきんをかえりみず
大巧は拙なるが若したいこうはせつなるがごとし
太公望たいこうぼう
大功を成す者は衆に謀らずたいこうをなすものはしゅうにはからず
大功を論ずる者は小過を録せずたいこうをろんずるものはしょうかをろくせず
大国を修むるは小鮮を烹るがごとしたいこくをおさむるはしょうせんをにるがごとし
太鼓も撥の当たりようたいこもばちのあたりよう
太鼓を叩くたいこをたたく
大根食うたら菜っ葉は干せだいこんくうたらなっぱはほせ
大根を正宗で切るだいこんをまさむねできる
醍醐味だいごみ
泰山頽れて梁木壊るたいざんくずれてりょうぼくやぶる
太山に登りて天下を小とすたいざんにのぼりててんかをしょうとす
大山鳴動して鼠一匹たいざんめいどうしてねずみいっぴき
大樹の下に美草なしたいじゅのもとにびそうなし
大人は赤子の心を失わずたいじんはせきしのこころをうしなわず
大事の中の小事なしだいじのなかのしょうじなし
大声は里耳に入らずたいせいはりじにいらず
大智は愚の若したいちはぐのごとし
大地を見抜くたいちをみぬく
大敵と見て恐れず小敵と見て侮らずたいてきとみておそれずしょうてきとみてあなどらず
泰斗たいと
大徳は小怨を滅ぼすたいとくはしょうえんをほろぼす
大道廃れて仁義ありたいどうすたれてじんぎあり
大同小異だいどうしょうい
鯛なくば狗母魚たいなくばえそ
大難が小難だいなんがしょうなん
鯛の尾より鰯の頭たいのおよりいわしのかしら
大の虫を生かして小の虫を殺せだいのむしをいかしてしょうのむしをころせ
大は小を兼ねるだいはしょうをかねる
大病に薬なしたいびょうにくすりなし
太平象なしたいへいしょうなし
大弁は訥なるが如したいべんはとつなるがごとし


人気故事・ことわざ辞典