「ね」からはじまる故事・ことわざ50/54件


「ね」からはじまる故事・ことわざを54件掲載しています。

故事・ことわざ 読み方
根浅ければ則ち末短く本傷るれば則ち枝枯るねあさければすなわちすえみじかくもとやぶるればすなわちえだかる
寝息を窺うねいきをうかがう
寧馨児ねいけいじ
佞言は忠に似たりねいげんはちゅうににたり
寧日が無いねいじつがない
寝返りを打つねがえりをうつ
願ったり叶ったりねがったりかなったり
願ってもないねがってもない
根がなくとも花は咲くねがなくともはなはさく
根が生えたようねがはえたよう
値が張るねがはる
根が深いねがふかい
寝首を掻くねくびをかく
猫が肥えれば鰹節がやせるねこがこえればかつおぶしがやせる
猫に鰹節ねこにかつおぶし
猫に小判ねこにこばん
猫にまたたびねこにまたたび
猫にまたたびお女郎に小判ねこにまたたびおじょろうにこばん
猫の首に鈴を付けるねこのくびにすずをつける
猫の子一匹いないねこのこいっぴきいない
猫の額にある物を鼠が窺うねこのひたいにあるものをねずみがうかがう
猫の前の鼠ねこのまえのねずみ
猫は三年飼っても三日で恩を忘れるねこはさんねんかってもみっかでおんをわすれる
猫は虎の心を知らずねこはとらのこころをしらず
猫糞ねこばば
猫を追うより皿を引けねこをおうよりさらをひけ
鼠壁を忘れる壁鼠を忘れずねずみかべをわすれるかべねずみをわすれず
鼠が居なくなると火事になるねずみがいなくなるとかじになる
鼠が塩をなめるねずみがしおをなめる
鼠が塩を引くねずみがしおをひく
鼠窮して猫を噛み人貧しうして盗みすねずみきゅうしてねこをかみひとまずしうしてぬすみす
鼠捕る猫は爪かくすねずみとるねこはつめかくす
鼠に引かれそうねずみにひかれそう
鼠社によりて貴しねずみやしろによりてたっとし
寝た牛に芥かくるねたうしにあくたかくる
寝た間は仏ねたまはほとけ
熱気にも冷えにも立たぬねっきにもひえにもたたぬ
寝ていて転んだ例はないねていてころんだためしはない
寝ていて人を起こすなねていてひとをおこすな
寝ていて餅ねていてもち
寝ている子を起こすねているこをおこす
子に臥し寅に起くるねにふしとらにおくる
寝耳に水ねみみにみず
根も無い嘘から芽が生えるねもないうそからめがはえる
寝る子は育つねるこはそだつ
寝る子を起こすねるこをおこす
寝る間が極楽ねるまがごくらく
根を断って葉を枯らすねをたってはをからす
拈華微笑ねんげみしょう
燃犀の明ねんさいのめい


人気故事・ことわざ辞典