「の」からはじまる故事・ことわざ26/26件


「の」からはじまる故事・ことわざを26件掲載しています。

故事・ことわざ 読み方
能ある鷹は爪を隠すのうあるたかはつめかくす
能書の読めぬ所に効目ありのうがきのよめぬところにききめあり
能事畢るのうじおわる
嚢中の錐のうちゅうのきり
嚢中の物を探るが如しのうちゅうのものをさぐるがごとし
能なしの口たたきのうなしのくちたたき
野くれ山くれのくれやまくれ
のけば他人のけばたにん
のけば長者が二人のけばちょうじゃがふたり
残り物に福があるのこりものにふくがある
後の百より今五十のちのひゃくよりいまごじゅう
喉元過ぎれば熱さを忘れるのどもとすぎればあつさをわすれる
咽を扼して背をうつのどをやくしてせをうつ
野に伏し山に伏すのにふしやまにふす
述べて作らずのべてつくらず
上り大名下り乞食のほりだいみょうくだりこじき
昇れない木は仰ぎ見るなのぼれないきはあおぎみるな
蚤蚊の夜話蠅の朝起きのみかのよばなしはえのあさおき
鑿と言えば槌のみといえばつち
蚤の息も天に上がるのみのいきもてんにあがる
蚤の夫婦のみのふうふ
飲む打つ買うのむうつかう
野良の節供働きのらのせっくばたらき
乗りかかった船のりかかったふね
暖簾に腕押しのれんにうでおし
詛うに死なずのろうにしなず


人気故事・ことわざ辞典



エムズライファー