「笈を負う」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「き」からはじまる故事・ことわざ

笈を負う


読み方
きゅうをおう
意味
遊学のために郷里を出ること。また、郷里を離れて遠方の地に遊学すること。「笈」は、物を入れて背負う竹製の箱、昔の旅行に用いた。
その他