「国破れて山河在り」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「く」からはじまる故事・ことわざ

国破れて山河在り


読み方
くにやぶれてさんがあり
意味
「国」は国都。戦乱などのために国都は破壊されても、自然の風物だけはもとのままである、という感慨の言葉。
その他
【参考】芭蕉の『奥の細道』で、平泉を訪れたところにこの句を引用している。