「管の穴から天を覗く」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「く」からはじまる故事・ことわざ

管の穴から天を覗く


読み方
くだのあなからてんをのぞく
意味
管の穴から天を覗くように、狭い見識で広大な物事を見ても真相はわからないことから、見識の狭いことをいう。
その他
【類句】葦の髄から天のぞく / 管を以て天を窺う