商人の元値-故事・ことわざ辞典

商人の元値


読み方
あきんどのもとね
意味
商人が客に物をすすめるとき、元値を切って勉強しておきますなどと言って売りつけるが、実際にはもうけて売る。商人のいう元値はどこまで本当かわからないこと。
その他