親炙-故事・ことわざ辞典

親炙


読み方
しんしゃ
意味
その人に近づき親しんで直接に感化を受けること。「炙」は、火であぶる意。肉を火で焼くように、立派な人に近づき直接に教えを受けること。
その他
【参考】その人の著書などによって、間接的に教えを受ける場合には「私淑」という。