白河夜船-故事・ことわざ辞典

白河夜船


読み方
しらかわよふね
意味
ぐっすり眠りこんでいて、何があったかを全く知らないこと。京都の白河のことを聞かれて、川の名だと思い、夜船で通ったから何も見えなかったと言ったために、京見物に行ったといううそがばれてしまったことから生まれたことば。
その他
【参考】白河は京都の北にある地名。