「燭を秉って夜遊ぶ」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「し」からはじまる故事・ことわざ

燭を秉って夜遊ぶ


読み方
しょくをとってよるあそぶ
意味
昼間だけでは物足りず、夜間も燭火(しょっか)をつけて遊ぶ。時の過ぎゆくのを惜しんで、夜も遊ぶこと。
その他