「春氷を渉る」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「し」からはじまる故事・ことわざ

春氷を渉る


読み方
しゅんひょうをわたる
意味
春先の氷はいつ割れるかわからない。その上をわたるのは、危険千万だ。非常に危険なことのたとえ。
その他











エムズライファー