「霜先の金銀」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「し」からはじまる故事・ことわざ

霜先の金銀


読み方
しもさきのきんぎん
意味
年末に近いころの金銭。平素の金銀よりは、いっそう大切にされる。
その他











エムズライファー