窃ぶの疑い-故事・ことわざ辞典

窃ぶの疑い


読み方
せっぶのうたがい
意味
自分の心の迷いから、疑うまじき人を疑うこと。「ぶ」は、おの。 ある人がおのをなくして、隣の子が犯人ではないかと疑ったが、疑えば疑うほど顔つきもことばも、すべてあやしかった。 しかし、そのおのが谷から出て来たので疑いが晴れた。すると隣の子のどこにもあやしい点はなかった、という故事による。
その他