「大難が小難」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「た」からはじまる故事・ことわざ

大難が小難


読み方
だいなんがしょうなん
意味
災難が予期したよりも軽くてすむこと。 もっと大きい災難だと思えば、あきらめがつく。
その他











エムズライファー