「頂門の一針」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「ち」からはじまる故事・ことわざ

頂門の一針


読み方
ちょうもんのいっしん
意味
頭の上に針をさす、ということから、人の痛い所をついた適切な忠告。
その他











エムズライファー