「天の配剤」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「て」からはじまる故事・ことわざ

天の配剤


読み方
てんのはいざい
意味
天の行なう薬の調合の意で、天は善い事をした者には果報を与え、悪い事をした者には罰を加え、それぞれにかなったものを配するものだということから、 偶然の、また人為的なものとは思えないほど、何かの取り合わせがすべてうまくいっていること。
その他











エムズライファー