「天に口無し人を以て言わしむ」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「て」からはじまる故事・ことわざ

天に口無し人を以て言わしむ


読み方
てんにくちなしひとをもっていわしむ
意味
天には口がないので何も言わないが、その考えを人の口を借りて言わせる。 大衆の間に自然と広まる声こそ、天の意志の表れである、という意味。
その他