出船に船頭待たず-故事・ことわざ辞典

出船に船頭待たず


読み方
でふねにせんどうまたず
意味
絶好の機会が来たら、何ものをも待ってはいられない。 風待ちをしている帆船は、いよいよ追いての風が吹いたとなると、かんじんの船頭が上陸したまま帰ってこなくても、 待ってはいられないということから。
その他