「十で神童十五で才子二十過ぎれば並の人」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「と」からはじまる故事・ことわざ

十で神童十五で才子二十過ぎれば並の人


読み方
とうでしんどうじゅうごでさいしはたちすぎればただのひと
意味
十歳の時神童と言われた人が、十五歳になると才子程度となり、二十歳を過ぎると平凡な人になってしまう。 小さい時は教え込めば何でも覚えるが、それは真の才能ではなく、ただ人より先に覚えたというだけのことで、 ほかの人もだんだん追い付いてくるから、結局は普通の人と同じになってしまう、という意味。
その他