鉛は刀となすべからず-故事・ことわざ辞典

鉛は刀となすべからず


読み方
なまりはかたなとなすべからず
意味
鉛はどんなに細工をしても刀にはならない。 鍛えればとけてしまう。ばかは使いみちがないというたとえ。
その他