泣きっ面に蜂-故事・ことわざ辞典

泣きっ面に蜂


読み方
なきっつらにはち
意味
泣いてむくんでいる顔を蜂が刺す。不幸や不運の上にさらに不幸なことが重なって起こる、という意味。
その他
【参考】Misfortunes seldom come singly.
【類句】弱り目に祟り目