1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「ぬ」からはじまる故事・ことわざ

「盗人を見て縄をなう」の意味や読み方

盗人を見て縄をなう

読み方
ぬすびとをみてなわをなう
意味
事が起こってから、慌てて対策を考える意で、事前の準備を怠っていては、いざという時に間に合わないということ。
その他
【参考】「盗人を捕らえて縄をなう」「泥棒を見て縄をなう」「泥棒を捕らえて縄をなう」などともいう。
【例】「明日出発なのに今から用意するなんて、盗人を見て縄をなうようなものだ」
【類句】 戦を見て矢を矧ぐ / 敵を見て矢を矧ぐ







着信音/通知音

【着信音】
ドラムのシンバル音
【着信音】
2500hz
【着信音】
ねこの鳴き声
【着信音】
蜂の大群
【着信音】
突然の稲妻
【着信音】
成田空港のチャイム
【着信音】
花火
【着信音】
線路は続くよどこまでも( I've Been Working on th
【着信音】
携帯電話のバイブ音
【着信音】
オオカミの遠吠え

ゲーム

【ゲーム】
ボワム
【ゲーム】
3Dカーブボール
【ゲーム】
五目並べ

エムズライファー