「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「の」からはじまる故事・ことわざ

喉元過ぎれば熱さを忘れる


読み方
のどもとすぎればあつさをわすれる
意味
どんなに熱いものを飲んでも、喉を通りすぎればその熱さを忘れる。 苦しい経験も、それが過ぎ去ればけろりと忘れてしまう。 苦しい時に恩を受けても楽になると恩を忘れてしまう、という意味。
その他











エムズライファー