針の筵-故事・ことわざ辞典

針の筵


読み方
はりのむしろ
意味
針のさしてあるむしろ。安らかでない座席の形容から、いつも苦しめられ、非常につらい思いをしなければならない境遇。 また、絶えず気を使っていて、一時も心の休まることがない立場。
その他