「顰みに倣う」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「ひ」からはじまる故事・ことわざ

顰みに倣う


読み方
ひそみにならう
意味
善悪の区別なく、むやみに他人のまねをすること。「顰」は、顔をしかめること。 昔、西施という美人が胸を病んで、顔をしかめていると、その顔がまた美しいのをみて、 村の醜い女がそのようにすれば美人に見えると思い、自分も胸を押さえて顔をしかめたら、恐ろしい顔になったという故事。【参考】 「西施の顰みに倣う」ともいう。【類句】 鵜の真似をする烏水に溺れる
その他











エムズライファー