「焼餅焼くとて手を焼くな」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「や」からはじまる故事・ことわざ

焼餅焼くとて手を焼くな


読み方
やきもちやくとててをやくな
意味
餅を焼いても、そのために手を焼かないようにせよ。 他人をねたむと、かえって処理に困るような災いを、自分に招くようになる、という意味。
その他
【参考】 「焼餅」は「嫉妬」、また「手を焼く」は「もて余す」を言い掛けたもの。










エムズライファー