「命に過ぎたる宝なし」の意味や読み方

  1. 故事・ことわざ辞典トップ
  2. 「い」からはじまる故事・ことわざ

命に過ぎたる宝なし


読み方
いのちにすぎたるたからなし
意味
生命ほど大切な宝はこの世にないという意味。
その他
【類句】命あっての物種










エムズライファー