マラウイの国旗 - 壁紙・画像

マラウイの国旗 壁紙・画像

国旗、のジャンル内にあるマラウイの国旗の画像サイズは1920×1080が303KB、300×168が5KB、600×337が12KBとなっています。

マラウイの国旗は1964年7月6日に制定された、黒・赤・緑の三色旗に赤い半円の太陽を置いたもの。
2010年から2012年の間は赤・黒・緑の中に白い円の太陽というものであったが、2012年5月28日に差し戻された。
マラウイ独立時はアフリカ諸国が独立を開始していた時期で、太陽は日の出を、アフリカ大陸の希望と自由の夜明けを表し、また黒はアフリカの国民を、赤は自由のための殉教者を、緑はマラウイの自然を表す。
ジョイス・バンダ大統領の下、議会での投票により、独立当初の旗を再度採用した。
2009年5月19日に行われた、国民議会選挙における民主進歩党の勝利の後、新たな国旗案を提出。
黒・赤・緑の順番であった三色の配置を変更し、汎アフリカ旗 (世界黒人開発協会アフリカ社会連合の旗) と同じ赤・黒・緑の順番に、昇る半円の赤い太陽に代り、独立以来の経済発展を表す白い円の太陽を中央に配置した。
一方、統一民主戦線は国旗変更に反対し、訴訟も辞さないとしている。
この旗は2010年7月29日に当時の大統領ビング・ワ・ムタリカが支持し、承認された。



人気スマホ壁紙・画像


マラウイの国旗-スマホ壁紙・画像ダウンロード

メールを送る


その他