リビアの国旗 - 壁紙・画像

リビアの国旗 壁紙・画像

国旗、のジャンル内にあるリビアの国旗の画像サイズは1920×1080が209KB、300×168が5KB、600×337が12KBとなっています。

リビアの国旗は、かつて1951年から1969年まで、王政期時代に国旗として使用されていたものを、2011年に復活させたものである。
国旗制定の経緯 2011年2月27日、リビアにおける内戦のさなか、反政府勢力によるリビア国民評議会がリビア唯一の代表政府であることを宣言し、ベンガジを中心とした暫定政権が発足。
「リビア共和国」の国旗として、王政時代の国旗を復活させると発表した。
国民評議会をリビアの正統な政権として認める国が増えるにつれ、この旗も国旗としての認識が広まった。
赤、黒、緑、白の配色はそれぞれ力、イスラムの戦い、緑地へのあこがれ、国民の行為を表している。
リビア内戦は一進一退の戦いが続いたが、8月下旬に首都トリポリを暫定政権が制圧しカダフィ政権は事実上崩壊した。
日本のリビア大使館は同年8月22日より国民評議会の国旗を掲げた。
理由について大使館関係者は「(カダフィ政権が)終わりつつあると判断したので、国旗を付け替えた」や「(旗を替える)適切な時であると判断した」と述べている。



人気スマホ壁紙・画像


リビアの国旗-スマホ壁紙・画像ダウンロード

メールを送る


その他

石竹色(セキチクイロ)の壁紙/画像素材

石竹色(セキチクイロ)

チャイニーズピンク(Chinese...